2020年2月4日火曜日

横田鉱山・二本木橋(捕捉-コメントへの返信に代えて-)

コメントを戴いた。「20181210日月曜日 横田鉱山・二本木橋」に公開されている。
そのコメントへの返信に代えて少し捕捉しておきたい。従って内容はその20181210日記述を引き継いでいる。また、コメントを下さった方のブログや写真を無断で引用することは回避していますので、当事者以外の方には理解不能の部分があろうかと思う。尚、ここで二本木橋と記すのはすべて旧二本木橋を指しており、現在の新二本木橋ではない。

 「あるブログ(詳細は省く)に二本木橋と横田鉱山を関連付けて写真が載っている。二本木橋関連と、探鉱ボーリングの写真であり、後者の撮影場所はほぼ特定できたと思っている」と前に記した。その場所は概略下記写真の位置であり、矢印方向に撮影されたものである。


次に二本木橋であるが、問題とした写真が二本木橋であるとの判断に違和感を抱いた大きな理由はまずは親柱である。二本木橋は昭和299月にコンクリート永久橋として架け替えが行われ、全長80m(主径間63m)幅員6mの鋼上路2ヒンジソリッドリブアーチ橋である(出典:土木図書館デジタルアーカイブス橋梁史年表)。
 下記に載せる写真は上横田側から見た右側の親柱であり、そこには昭和299月が標示されている。この親柱は旧二本木橋が存在する間変わりなく存在していた。一方、問題とした写真の親柱は形状がこれとは全く異なっている。親柱に変更が加えられた事が立証されない限り私の違和感は払拭されない。




また、この親柱の下側の補強構造が、問題とした写真とは異なっているように見える。もしかしたら道路を舗装する際に変更が加えられたのかもしれないが、それも私にはにわかには受け容れられない。

前回に記した、「背景にある山の形状」や「稲架の位置」は写真の写り工合などに起因するものかもしれないし、強い違和感ではない。単に私の曲解、あるいは思い込みかもしれない。

 問題とした写真が“二本木橋”かもしれないという面もある。それは道路のカーブや写真の全体像、川面からたつ岩壁、などである。そして下写真にて線で囲った部分は、問題とした写真と極めて類似している。家の屋根は傾斜が異なるが、それは経年変化で建て替えたと思えることも可能である。事実、昭和30年代は養蚕も営んでいた地域なので、屋根裏の建て替えもあったと思うのはあながち間違いでもなかろう。


二本木橋と判断されている写真を見るとそれは“二本木橋”と酷似しているが、違和感はここに詳述した通りである。本ブログに関して、何かを、あるいは私の間違いをご存じの方がいらっしゃれば、どのようなことでも指摘していただきたい。

2019年3月20日水曜日

 『国字の辞典』を開いて、特に目的もなく頁を捲っていると「垪(は)」という国字に目がとまった。この国字は「塀の省画か。字書にみえず」とあり、岡山県の地名に使われていると記載してある。この字を見て頭に浮かんできたのが石偏の「硑」なる字で、「ずり」と覚えている。「ずり」は鉱石とともに掘り出された不要な石のことで、『宮田又鉱山誌』にある地図には選鉱場に隣接して「硑捨場」が示されている。鉱山に生活していた者として「ずりすてば」と読むのは当然のことで、何の迷いもなかった。ただ、漢字はATOKの文字パレットから拾っていた。
 「硑」も国字かと思ったが、『国字の辞典』には載っていない。「硑」は『字通』にも載っていないし、刊本『漢語林』にも載っていない。「ずり」は『大辞林』にあるが漢字は表記されていない。じゃあ何なのか、字源は何かと思い、手持ちの辞書類およびインターネットでちょいと調べてみた。
 インターネットでは簡単には「硑」は出てこない。「ずり」も「硑」に結びつけているサイトは少なく、あったと思ったら自分のブログだったりした。電子辞書で見ると「新字源」では訓読みは示されておらず、字音の一つに漢音でホウ(ハウ)、呉音でヒョウ(ヒャウ)とあり、それは「砰」と同じとある。そして「砰」は「音の形容。ひびき渡る音。雷のような、とどろき渡る音」とある。『字通』には、「石のうちあう音、石が当たる音、崩落する音などをいい、擬声的な語であろう」とある。勝手に推定すると、石がゴロゴロととどろき渡るような音をたてて転げ落ち、角が取れて平になる様から「砰」となるのかもしれない。これはまるで「ずり」そのものではないかと自分の見解に得心する-自惚れでもあるヵ。だが、「ずり」を「硑」とする権威ある書籍はないのか。と思ったら灯台下暗しだった。手許にある簡便な辞書、『新明解国語辞典』(第5版)にはちゃんと書いてあるではないか。すなわち、「ずり【砰】①掘りくずして坑外に運び出す土。②捨ててある鉱滓。ぼた」とあり、「「硑」とも書く」と明確に書かれている。
 これで自分ではすっきり。PCで使用しているATOKには「硑」は登録しており、「ずり」と入力してスペースキーを押すと”正しく”「硑」と変換される。・・・狭い自己満足の世界。

2018年12月10日月曜日

横田鉱山・二本木橋

何回か書いてきた横田鉱山や二本木橋であるが、あるブログ(詳細は省く)に二本木橋と横田鉱山を関連付けて写真が載っている。二本木橋関連と、探鉱ボーリングの写真であり、後者の撮影場所はほぼ特定できたと思っている。その根拠は写真の背景にある山斜面の形状などであり、それは案外とすぐに分かった。ちなみに問題とした写真は「横田鉱山」と「二本木橋」の両者のキーワードで引っかかるようである。しかし、二本木橋と判断されている写真を見ると「二本木橋」と酷似しているが、違和感が生じた。その違和感は主に次のようなものである。
①親柱の形状、②背景にある山の形状、③橋から下に至る道路補強形状、④稲架の位置
などである。過去に撮影した写真やwebに載っている写真、当時に近い時期に撮影された空中写真などを参照にして調べてみたが、決定的な違いは①と③。もしも、確認される方がおられるならばとその正しい二本木橋の写真を載せておく。写真は公的機関の写真もあれば、個人のブログにも少なからず載っている。そちらの方がより詳しく撮影されているが、ここでは2010年11月に自分が撮影した写真をアップする。但し、周知のことだがこの橋は2011年に崩落している。それまでは手すりやアーチ部の補強、橋に至る道路の舗装を除けば架橋された当時のままである。

2018年11月2日金曜日

宮田又鉱山と唐松神社

近くの書店の中をぶらついているときに原田実『偽書が描いた日本の超古代史』(KADOKAWA夢文庫、2018年)があり、ちょいと手に取って頁を捲ったら「物部文書」のところで偶然にも「秋田県の山中、大仙市協和」の文章が目に入った。そしてそこに「唐松神社」や「宮司物部家」、「進藤孝一」の名もある。かつて暮らしたことのある宮田又鉱山について調べていたときに登場する地名・神社・人名である。ただそれだけでこの文庫本を購入した。かつてここのブログにも書いていたことと重複するが、以下をメモっておく。

宮田又鉱山は長い間放置された後、明治初年(1868)に境唐松神社神主物部長之が畑鉱山開発に着手したが本人の死去により権利が放棄された。唐松神社は代々「長」を付して命名されるらしく、長仁・長輝の名があり、日本の(著名らしい)物部長穂やその弟で陸軍中将だった長鉾はこの唐松神社での生まれである。
内容を公表した『物部文書』の研究を託された郷土史家の進藤孝一は旧協和町にあって鉱山の歴史を探り『宮田又鉱山誌』などの鉱山誌や協和町の歴史を編んだ人である。

『物部文書』や唐松神社の歴史・伝承には関心がなく、上記だけのメモであるが、妙に繋がりを感じたので書いてみた。
 唐松神社のある羽後境はかつての宮田又鉱山への入口ともなる地であり、近くを走る国道13号線は何度も通っているし、境駅周辺も4年程前に車で巡っている。しかし、この神社には足を運んでいない。今にして思えばその時にもうちょっと調べておけば訪れたであろうにと悔いてしまう。

2018年8月6日月曜日

奥会津横田にある二本木橋の歴史(7)-参考とした資料

会津史学会『会津の街道』(歴史春秋出版社、1985年)
金山町教育委員会『金山の民俗』(金山町、1985年)
金山町教育委員会『金山町の文化財』(金山町教育委員会、1990年)
金山町史出版委員会『金山町史 下』(金山町、1976年)
渡辺一郎他「国道252号二本木橋災害復旧事業について」
http://www.hrr.mlit.go.jp/library/happyoukai/h26/c/05.pdf
岩崎誠他「国道252号 二本木橋災害応急復旧工事の報告について(豪雨災害発生~応急復旧工事完成まで)、http://210.148.110.37/library/happyoukai/h24/c/12.pdf
福島県史料集成刊行会『福島県史料集成第三輯』(福島県史料集成刊行会、1952年)
金山町役場『広報”かねやま”縮刷版』第1版~第5版
「土木学会付属土木図書館デジタルアーカイブス」
「橋梁史年表」より二本木橋・西部橋
国立公文書館デジタルアーカイブより「天保国絵図 陸奥国(会津領)」
国土地理院(http://geolib.gsi.go.jp/)における地図、空中写真


二本木橋は横田鉱山とは直接的な関係はない。だが横田鉱山社宅に帰るべき居所があった12年間の中でこの橋は自分にとってランドマークのような位置づけである。土倉に住む友人の家に行くときはこの橋を渡るし、大塩の温泉に入るときもそうである。横田鉱山の2度目の社宅は二本木橋から上横田方面に入り只見川のすぐ近くにあった。その橋が落ちてからは自分の消えてしまった想い出を取り戻すかのようにこの橋の歴史をたどってみようと資料を読んだ。現地に生活している人びとにとっては二本木橋は(西部橋もそうだが)父祖から続く生活史の中に染みこんでいるだろう。だが意外にもこの橋の来歴全般を記しているものには触れることがなく、ならば自分でたどってみようと思ったのがそもそもの始まりで、リタイア後の毎日が日曜日状態の時間潰しにも適していたようである。今年の4月頃から手をつけ、途中でサボったりして今やっと終えた。
生まれた地でもないし、親戚や親しい友人がいるわけでもない。だからこそなのか、この地が懐かしいし、愛着が薄れることはない。

奥会津横田にある二本木橋の歴史(6)

まとめの意味を込めて二本木橋の位置と西部橋の位置の変遷について以下に記す。



上図のa付近に天保年間に橋が架けられ、明治31年(1898)に木橋に変わり、大正2年(1913)にaの位置に木造吊り橋となり、昭和29年(1954)にコンクリート永久橋となってbの位置(aより約50m上流側)に架け替えられ、平成23年(2011)新潟・福島豪雨で落橋し、仮橋として約2年間運用された後の同25年(2013)に約270m上流側のCの位置に現在の二本木橋が架けられた。

一方、越川から西部に架けられた西部橋が最初に確認されるのはX地である。大正2年(1913)測図同3年発行の地図にはその橋が確認できるが、昭和6年(1931)修正後の地図(同8年発行)、および同27年修正後(同年発行)の地図には越川・西部間の橋は確認できなかった。同33年(1978)にはyの位置に橋長121.6m/幅3.5mの鋼下路ランガー桁橋が架けられたとある。そして前記豪雨で落橋して現在はzの位置に移っている。

 前にあげた大正2年測図の地図に比べて川幅が広くなっている。これはダムによって川が堰き止められた結果である。




















奥会津横田にある二本木橋の歴史(5)

天保期に架けられた二本木橋の名称が次に登場するのは明治31年(1898)1月のことである。仮に天保期に架けられた橋がこの年まで存続したとすれば約60年間近く利用され続けたことになる。この明治31年に新たに架けられた経緯や場所は特定できていない。二本木橋とあるからには前と同一位置かごく近場であったろう。「土木図書館デジタルアーカイブス」には、橋長58m/幅員2.7m 形式は木橋、と記されている。

 大正2年(1913)8月に洪水が発生し、現金山町内で二本木橋を含む3つの橋が流失してしまった。同11月には木塔の木造吊り橋が二本木橋となって新生した。架橋の様子は下の写真に示される。



吊り橋は昭和29年(1954年)に架け替え行われ、全長80m/幅員6mのコンクリート製永久橋と生まれ変わった。私の思い出の中に残っている二本木橋はこの橋である。前記吊り橋より約50m上流側に移った。架け替えの経緯は把握していないが、只見特定地域総合開発計画(只見川電源開発計画)の一環でもあったろう。伊北街道が国道252号と指定されたのは永久橋となって9年後の昭和38年(1963)のことである。
永久橋とされた二本木橋は下の写真である。



東日本大震災のあった平成23年(2011)7月29日、新潟・福島大豪雨によりこの永久橋/二本木橋は落橋してしまった。鉄道橋も消失した。近隣の2箇所の町道橋も落橋した。田子倉ダム下流に浚渫船があり、ダム放流によってこの浚渫船が流され橋を破壊したために鉄道橋や二本木橋が落橋したと、某駅にて某氏より聞いた。また、ダムがあるためにこの惨劇が起きたと主張する人たちがいることは確かである。
田沢橋も越川にある西部橋も落橋し、四季彩橋だけは高い位置にあったために無事であった。尚、新潟・福島大豪雨で浸水被害にあった人たちがダム管理者ニ社に損害賠償訴訟を起こし、裁判は続いている。

 兎にも角にも馴染みのあった二本木橋は消滅してしまった。この橋の重要性は極めて高く、すぐに仮橋が設けられ、新しい二本木橋が2013年に完成した。